第二種電気工事士、実技試験が終了しました。

TEL.080-3523-9506

お問い合わせフォームはコチラ

第二種電気工事士、実技試験が終了しました。 (2017-07-23)

「複線図は採点に含まれない」という事実を知ったのが、試験直前でした。
そうか、ならば時間短縮のため、書くのやめようかな、と思ったのですが、
配線を間違うと困ると思い、やはり書くことに。

しかし、試験開始すると、思った以上の緊張感で、複線図を書く手が震える!
これはまずい!と思い、急遽、簡単な部分の被覆から始めることに。

簡単な器具の取り付けなどから始めたら、徐々に気持ちが落ち着いてきて、無事完成。
終了15分前に出来上がりましたが、何度も配線確認をしたら、間違いを発見!
コンセントの上下が反対だという事に気が付きました。あぶないあぶない・・。

無事完成出来ましたが、合格通知があるまでは、安心できません。
受験者の中には、完成まで行っていない人が結構いました。
ネットで実技の合格率を見ると、約6割でした。結構大変だ・・。

これは、緊張感との勝負だなぁと思いました。
きっと、緊張のせいでうまく行かなかった人も、多いと思います。

いざ本番の時、緊張しない方法はないのだろうか?
緊張して実力が出せない人は、メンタルトレーニングも必要かもしれないですね。
記事一覧に戻る